母の日のお参り

  1. イイハナ・ドットコム
  2. 母の日プレゼント・ギフト特集2021
  3. 母の日のお参り

イイハナ・ドットコムの『母の日のお参り』。
お母さんを亡くされた方の母の日の過ごし方をご紹介。母の日の始まりも亡きお母さんへお花を贈ったことから始まりました。
いつまでもお母さんを思いやる気持ちを大切にしませんか。

思い出にひたる日に

思い出にひたる日に

毎年の「母の日」の贈り物を半ば義務のように感じていた人でも、贈る相手が他界してしまったら、むしろ、お母さんのありがたみに気付いたり、贈る相手がいたことの幸せを強く感じたりするのではないでしょうか。

母の日のルーツは、20世紀の初頭、アメリカのアンナ・ジャーヴィス(Anna M Jarvis)という女性が、墓前に白いカーネーション手向けたことに始まります。白いカーネーションの花言葉は「亡き母をしのぶ」。
その後、米国議会が5月の第2日曜を「母の日」と制定したことで世界中に広まり、日本へも大正時代に伝わってきました。亡くなったお母さんへの愛情と感謝の気持ちを表すことから始まった「母の日」は、お母さんとの思い出に心ゆくまでひたる、最良の日なのです。

【母の日プレゼント特集】天国の母さんへ捧げる花

定番の贈り物といえば、やっぱりお花

定番の贈り物といえば、やっぱりお花

お母さんが亡くなり、母の日を迎えるのが何となくつらいと感じている方は、お墓や仏壇にお参りしてみてはいかがでしょうか。イイハナが行ったアンケートでも、母の日に「お墓参りに行く」「仏壇にお花を供える・お線香をあげる」といった声が寄せられました。

墓前や仏前に供える花は、白いカーネーションにこだわる必要はありません。ユリやトルコキキョウ、カスミ草など、白を基調とした花々を、花束やアレンジにしてみてはいかがでしょう。
緑の葉ものをあしらえば、清らかで洗練された印象になります。もちろん、生前お母さんが好きだった色のお花をお供えしても構いませんよ。

最近では、カーネーションの香りを織り込んだ線香も市販されています。上品で優しい香りに包まれながら、お母さんをしのぶ時間を過ごすのもいいでしょう。

「お母さんを偲ぶ白いカーネーション」お線香付き

心のふるさと・お母さんに会う日

心のふるさと・お母さんに会う日

アメリカでは、母の日に子どもたちが墓前に集まり、色とりどりの花を手向けたり、食べ物を広げたりしてピクニック気分で過ごす家族もあるそうです。兄弟や孫たちと仲良く過ごしていることを報告すれば、天国のお母さんはきっと喜ばれるでしょう。

日本には、お彼岸やお盆など、お墓参りの定番の日がありますが、これまで母の日にお参りをしてこなかったという人も、母の日は“お母さんに会う日”と思ってお参りしてくださいね。
誰にとっても、お母さんは心のふるさと。目を閉じて手を合わせれば、優しいお母さんの声が聞こえてくるはずです。

白いカーネーションを使った『お悔やみの花』

その他の母の日に関するお役立ちコラム