誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

夏の花特集

ペットの供養

故人を偲ぶお盆のお花

ペットの供養

現代では、ペットは家族であり大切なパートナーと考える方が増えています。そのため、ペットを亡くした時の悲しみは計り知れません。ここではペットの供養について考えてみましょう。

故人を偲ぶお盆のお花

ペットの供養

現代では、ペットは家族であり大切なパートナーと考える方が増えています。そのため、ペットを亡くした時の悲しみは計り知れません。
ペットも命果てても尚、もっと愛されたい、忘れないで欲しいと望んでいることでしょう。
そんな大切な家族にあなたがしてあげられることは、「ありがとう」という気持ちを精一杯伝える(心を込めて供養する)ことです。天国へ旅立つときには、少しでも寂しさが紛れるよう、たくさんの生花を添えて見送ってあげたいですね。
ペットも人間と同様、本質的には同じ命ですので、きちんと供養すれば極楽に行き、成仏すると言われています。
私たちは、ペットと出会いによって、大きなやすらぎと心の豊かさ得ることができました。生前の感謝の気持ちを忘れずに、供養で最も大切な「ありがとう」の気持ちを伝えることで、天国のペットたちもきっと喜んでくれることでしょう。

ペットの供養には、さまざまな方法があります。自宅で供養する、お墓を立てる、合同墓地で供養など。供養の仕方は、飼い主の考え方、宗教によっても違ってきますが、ペットには宗教はないため、決まった供養の方法はありません。
そのため、ご家族で話し合われて決められることが多いようです。いつも近くに感じ、愛する者を身近に感じ偲ぶことができるのが、現代の供養ともいえます。
また、お友達のペットが亡くなられた時、お供えするお花は、亡くなったペットへ贈ると共に、残された飼い主の方へ贈る内容でもあるため、お悔やみの花としては、寂しくなく優しげな印象の方が、気持ちの安らぎに繋がるかもしれません。

お盆のお花Pick upアイテム

お盆に関するお役立ちコラム

>お盆の由来

お盆の由来
意外と知られていないお盆の由来を有力説から解き明かします!仏教的な要素から日本のお盆の始まりなど。

お盆の歴史

お盆の歴史
日本の古くからの行事の1つであるお盆の歴史について学びましょう!お盆には時代によってさまざまな風習や変化がありました。

お盆っていつ・お盆の期間って?

お盆っていつ?
お盆と言えば8月15日前後を思い浮かべる人が多いと思います。でも実際には、お盆は地域によって異なります。

お盆の花

お盆の花
お盆の花は一般的には菊の花などがメインですが、その他にお盆の花にはどのようなものがふさわしいのでしょうか?

ペットの供養

ペットの供養
ペットは家族であり大切なパートナー。そのため、ペットを亡くした時の悲しみは計り知れません。ペットの供養について考えてみました。

盆提灯の選び方

盆提灯の選び方
お盆の軒先や精霊棚を柔らかい灯りで照らしてくれる盆提灯。盆提灯には先祖が迷わず家まで辿り着く目印など大切な役目があります。

お盆にお墓参りをする理由とは?

お盆にお墓参りをする理由とは?
お盆にはお墓参りに行く習慣がありますが、みなさんはどのタイミングでお墓参りに行っていますか?

ベランダでもできる迎え火・送り火

ベランダでもできる迎え火・送り火
お盆の風物詩とも言える「迎え火」と「送り火」。マンションでも行える迎え火のやり方などをご紹介します。

迎え火・送り火に込められた思い

迎え火・送り火に込められた思い
迎え火は盆入りの8月(又は7月)13日に、送り火は盆明けの8月(又は7月)16日(又は15日)に行います。

お盆のお花

お盆のお花
先祖様を敬いう大切な日に合わせたお花をご紹介していきます。

お盆のお花はこちらから

PAGE TOP