誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

 クリスマスギフト特集

お盆っていつ・お盆の期間って?

故人を偲ぶお盆のお花

お盆っていつ・お盆の期間って?

お盆は先祖の霊があの世から現世に戻ってきて、再びあの世に帰って行くと言う仏教の教えから来ている行事です。
お盆と言えば8月15日前後を思い浮かべる人が多いと思います。
でも実際には、お盆は地域によって異なり、「3つ」のお盆の期間があります。

故人を偲ぶお盆のお花

そもそもお盆の期間は何を基に決められているのでしょう?それは「月の満ち欠け」です。 庶民に広まったとされる江戸時代のお盆は、満月になる7月15日をお盆の最終日として、7月13日~15日(地域によって16日)に行われていました。
しかし、明治時代に新暦が採用され、旧暦の明治5年12月3日が新暦の明治6年1月1日へと置き換えられたため、それ以降、地域によってお盆に対する考え方が異なって、3つのお盆の期間がうまれました。

【新暦重視型・新暦盆・7月盆】7月13日~15日(地域によって16日)

東京や横浜などの都心部では、「新暦盆」や「7月盆」と言われる7月13日~15日にお盆が行われます。
これは、旧暦の7月13日~15日を、単純に新暦の7月13日~15日に当てはめたもの。
明治政府の方針に従う気持ちが強かった都市部では、月の満ち欠けとは関係なく、この期間に固定化したと言われています。
また、都市部の商屋を中心として習慣とされていた藪入り(住み込み人が実家へ帰ること)が、7月16日に行われていたことも関係していると言われています。

【折衷型・旧暦盆・8月盆・月遅れお盆】8月13日~15日(地域によって16日)

関西地方・東北地方・北海道など、ほぼ全国的に行われているお盆期間です。
「旧暦盆」や「8月盆」、「月遅れお盆」と言われていて、8月13日~15日に行われます。
これは、旧暦の7月15日が新暦では8月中旬辺りになることから、お盆を毎年8月13日~15日に固定化したもの。
旧暦から新暦に変わったときに、いったんは7月にお盆を行ったけど、梅雨時期と重なってしまうので、1ヶ月遅らせてお盆が行なわれるようになったと言われています。

【旧暦重視型・旧盆】8月8日頃~9月6日頃までの間(毎年変更します)

沖縄や奄美大島地方、南西諸島では、「旧盆」と言われる8月8日頃から9月6日辺りにお盆が行われます。
これは、お盆は「満月である日」である、と言う本来の考え方を新暦に適合させたもの。
月の満ち欠けは29日毎で、満月になるのと新暦の月単位とはズレが生じるため、毎年お盆の期間が変わります。
沖縄や奄美大島地方では、ご先祖様を大切にすることからお盆に対する考え方が変えられず、8月~9月にかけて満月になる日(旧暦の7月15日)をお盆としていると言われています。
ちなみに2019年度の旧暦7月15日は新暦8月15日にあたるので、2019年度は旧暦お盆も8月13日~15日となります。

8月~9月の満月には現世とあの世の境が繋がって、ご先祖様が帰って行くと言われています。
地域によって異なってしまったお盆の期間ですが、今年は昔の風習に従って、満月の日にご先祖様に手を合わせてみてはいかがでしょう。

お盆のお花Pick upアイテム

お盆に関するお役立ちコラム

>お盆の由来

お盆の由来
意外と知られていないお盆の由来を有力説から解き明かします!仏教的な要素から日本のお盆の始まりなど。

お盆の歴史

お盆の歴史
日本の古くからの行事の1つであるお盆の歴史について学びましょう!お盆には時代によってさまざまな風習や変化がありました。

お盆っていつ・お盆の期間って?

お盆っていつ?
お盆と言えば8月15日前後を思い浮かべる人が多いと思います。でも実際には、お盆は地域によって異なります。

お盆の花

お盆の花
お盆の花は一般的には菊の花などがメインですが、その他にお盆の花にはどのようなものがふさわしいのでしょうか?

ペットの供養

ペットの供養
ペットは家族であり大切なパートナー。そのため、ペットを亡くした時の悲しみは計り知れません。ペットの供養について考えてみました。

盆提灯の選び方

盆提灯の選び方
お盆の軒先や精霊棚を柔らかい灯りで照らしてくれる盆提灯。盆提灯には先祖が迷わず家まで辿り着く目印など大切な役目があります。

お盆にお墓参りをする理由とは?

お盆にお墓参りをする理由とは?
お盆にはお墓参りに行く習慣がありますが、みなさんはどのタイミングでお墓参りに行っていますか?

ベランダでもできる迎え火・送り火

ベランダでもできる迎え火・送り火
お盆の風物詩とも言える「迎え火」と「送り火」。マンションでも行える迎え火のやり方などをご紹介します。

迎え火・送り火に込められた思い

迎え火・送り火に込められた思い
迎え火は盆入りの8月(又は7月)13日に、送り火は盆明けの8月(又は7月)16日(又は15日)に行います。

お盆の香典の金額相場とマナーについて

お盆の香典の金額相場とマナーについて
お盆の法事では、いくら香典を包んでいくべきか迷ってしまう人も多いはず。お盆の香典マナーや相場についてわかりやすくまとめました。

お盆のお墓参りに行けない場合

お盆のお墓参りに行けない場合
お墓が遠方にある、仕事が休めないなどで、お盆のお墓参りに行けないときは、どうすれば良いのでしょうか?オススメの対処法をご紹介します。

お盆のお返しについて 品物や相場、マナー等

お盆のお返し 品物や相場、マナー等
お供え物を選ぶことと同じように、お返しの選び方にもルールやマナーがあります。最適な品物や金額相場、マナーについてご紹介します。

初盆・新盆とは

初盆・新盆とは
初盆・新盆とは何なのか、法要の仕方や普通のお盆との違いについて、詳しくまとめました。

お盆のお花

お盆のお花
先祖様を敬う大切な日に合わせたお花をご紹介していきます。

お盆のお花はこちらから

PAGE TOP