誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

 クリスマスギフト特集

お盆の歴史

故人を偲ぶお盆のお花

歴史

イイハナ・ドットコムの『お盆の歴史』では、日本の古くからの行事の1つであるお盆の歴史を学びましょう!お盆には時代によってさまざまな風習や変化がありました。

故人を偲ぶお盆のお花

お盆の歴史

お盆の由来にもありますが、お盆はもともとお釈迦様の教えとその弟子の母親を救う話から始まったお盆の行事ですが、日本では推古天皇の14年(西暦606年)に、はじめてお盆の行事が行われたと伝えられています。推古天皇(西暦606年)十四年七月十五日斎会を設けたのが初めてとされ、斎明天皇(657年)三年七月十五日に飛鳥寺で盂蘭盆会が催されたとあります。
江戸時代以前のお盆行事は武家、貴族、僧侶、宮廷の上層階級で主に催されていました。お盆の行事が一般庶民に広まったのは江戸時代。江戸時代に入ると庶民の間にも仏壇やお盆行事が普及し、仏壇や提灯などに必要なローソク(従来は油)が大量生産によって一般庶民にも安価に入手できるようになってからお盆が広まりました。

また、江戸の時代にはお正月とお盆には奉公人が休みをとって実家に帰ることが許されていた時期で、これを「藪入り(やぶいり)」と言いました。当時は、職人や商人などになるために、13・14歳頃から師匠や商家を選んで丁稚奉公にでていました。そうした奉公人たちには、ほとんど休みがありませんでした。そのためお盆やお正月など実家に帰ることが出来た「藪入り」を楽しみにしていたようです。 そこからお盆には嫁いだ娘が実家に帰って休息をとる習慣があります。現在ではほとんど言われることがなくなりましたが、こちらも「藪入り」と言っていました。
日本各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、一般的に先祖の霊が帰ってくると考えられています。

お盆のお花Pick upアイテム

お盆に関するお役立ちコラム

>お盆の由来

お盆の由来
意外と知られていないお盆の由来を有力説から解き明かします!仏教的な要素から日本のお盆の始まりなど。

お盆の歴史

お盆の歴史
日本の古くからの行事の1つであるお盆の歴史について学びましょう!お盆には時代によってさまざまな風習や変化がありました。

お盆っていつ・お盆の期間って?

お盆っていつ?
お盆と言えば8月15日前後を思い浮かべる人が多いと思います。でも実際には、お盆は地域によって異なります。

お盆の花

お盆の花
お盆の花は一般的には菊の花などがメインですが、その他にお盆の花にはどのようなものがふさわしいのでしょうか?

ペットの供養

ペットの供養
ペットは家族であり大切なパートナー。そのため、ペットを亡くした時の悲しみは計り知れません。ペットの供養について考えてみました。

盆提灯の選び方

盆提灯の選び方
お盆の軒先や精霊棚を柔らかい灯りで照らしてくれる盆提灯。盆提灯には先祖が迷わず家まで辿り着く目印など大切な役目があります。

お盆にお墓参りをする理由とは?

お盆にお墓参りをする理由とは?
お盆にはお墓参りに行く習慣がありますが、みなさんはどのタイミングでお墓参りに行っていますか?

ベランダでもできる迎え火・送り火

ベランダでもできる迎え火・送り火
お盆の風物詩とも言える「迎え火」と「送り火」。マンションでも行える迎え火のやり方などをご紹介します。

迎え火・送り火に込められた思い

迎え火・送り火に込められた思い
迎え火は盆入りの8月(又は7月)13日に、送り火は盆明けの8月(又は7月)16日(又は15日)に行います。

お盆の香典の金額相場とマナーについて

お盆の香典の金額相場とマナーについて
お盆の法事では、いくら香典を包んでいくべきか迷ってしまう人も多いはず。お盆の香典マナーや相場についてわかりやすくまとめました。

お盆のお墓参りに行けない場合

お盆のお墓参りに行けない場合
お墓が遠方にある、仕事が休めないなどで、お盆のお墓参りに行けないときは、どうすれば良いのでしょうか?オススメの対処法をご紹介します。

お盆のお返しについて 品物や相場、マナー等

お盆のお返し 品物や相場、マナー等
お供え物を選ぶことと同じように、お返しの選び方にもルールやマナーがあります。最適な品物や金額相場、マナーについてご紹介します。

初盆・新盆とは

初盆・新盆とは
初盆・新盆とは何なのか、法要の仕方や普通のお盆との違いについて、詳しくまとめました。

お盆のお花

お盆のお花
先祖様を敬う大切な日に合わせたお花をご紹介していきます。

お盆のお花はこちらから

PAGE TOP