正月飾り

  1. イイハナ・ドットコム
  2. お正月プレゼント・ギフト特集2021
  3. 正月飾り

『お正月の飾り』について
目にすると、お正月らしさを感じて神聖で清浄な気持ちになるお正月飾り。
これもお正月の説明で述べたように、歳神様を誠意をもってお迎えするしつらえです。地方によって多少違うとはいえ、正式な飾り方、飾る日、片づける日なども決まっています。正式にしつらえる材料が揃わずとも、その意味を知ることによって、飾るときの気持ちに豊かなものが生まれてくることでしょう。

門松の意味や飾り方について

年賀状にまつわるあれこれ

お正月が近づくと目にすることが増える「門松」。
玄関先や門など、家の出入り口となるところに飾られることが多いですよね。そんなお正月の風物詩ともいえる門松を飾ることにはどんな意味があるのか、知っている方は少ないかと思います。
門松が持つ意味や正式な飾り方を知っておくと、より丁寧に新年を迎える準備ができますよ。
お正月の縁起物【門松】の商品こちら

門松は、神様を家へ迎え入れるための「道しるべ」

門松を飾るときは、いつもどの場所を選んでいますか?
きっと、ほとんどの人が、玄関ドアの表側や、門柱などの飾っているかと思います。何気なく、“家の出入り口“となる部分に飾っていますが、そこにはきちんと理由があります!
なぜなら、門松は、神様を家へ迎え入れるときに目印になるものだからです。幸福を運んでくる神様が、道に迷うことなく家へたどり着けるようにするために、門松を置きます。

「今年一年、家族が幸せで暮らせますように」という願いを込めて、門松を飾りましょう。

門松の「松」「竹」「梅」には、それぞれ意味がある!

門松というと、竹で作られていることをイメージする方は少なくないでしょう。もちろん竹のみの門松もありますが、なかには、松や梅を用いた門松も多くあります。
「松」「竹」「梅」が門松に使われているのには、それぞれ意味があるのです!

松:永遠の命、不老長寿の象徴、長寿を願うもの

松:永遠の命、不老長寿の象徴、長寿を願うもの
松は、枯れることなく年中青々と茂っています。このことから、永遠の命や長壽を象徴する、縁起物という意味があります。

竹:誠実なこころの象徴、強い生命力

竹:誠実なこころの象徴、強い生命力
竹は、寒い環境でも枯れず、葉が散ることなく成長し続ける植物です。また、2~3日でもぐんぐん伸びる成長の早さやたくましさから、生命力の象徴でもあります。

梅:開運、出世の象徴

梅:開運、出世の象徴
梅は、他の樹木より開花が早く、いち早く花が咲くことから、開運や出世の象徴という意味を持ちます。まだ寒さが残る時期に美しく咲く梅は、新しい年を迎えるのにふさわしいです。

門松を飾る時期と正しい飾り方のコツ

門松を飾る時期
門松は、お正月を迎え入れる準備をするために飾るものです。
そのため、飾り付けるのは、「12月26~28日」ごろがベスト!少し早めに感じる方もいるかもしれませんが、クリスマスが終わったら門松の飾りつけをしてOKです。
年末でも構いませんが、「29日」と「31日」は、二重苦やお葬式の一夜飾りを連想させる、縁起が悪い数字のため、避けた方が無難です。
また、門松が汚れてしまうことのないよう、大掃除を済ませてから飾りましょう。

門松の飾り方
門松には、“雄松”と“雌松”があります。
2つで1つの組み合わせなので、雄松と雌松を正しく置くことが重要です。雄松はクロマツ、雌松にはアカマツが使われています。正面から見て、左が雄松、右が雌松になるように飾り付けましょう。
門松は、「幸福の神様を家へ招き入れる」という大切な意味があります。
松・竹・梅にもそれぞれ意味があるので、見た目だけでなく、意味を考えながら選ぶと、より豊かな気持ちでお正月を迎えることができるでしょう。

しめ縄について

年賀状にまつわるあれこれ

穢れのない新わらで作られ、神の占める場を示します。しめ縄は内外の境界線を示すために張り巡らす綱のことで、ご祈祷などの際に神事を行う場所に綱が張ってあるのをご覧になった方もいらっしゃると思います。
それと同じくこれが張ってある場は清浄な区域として他と区別され、家の戸口に張れば、家の中に不浄なものがはいらないように境界線を張ったことになります。

鏡餅について

鏡餅について

歳神様へのお供え物です。ちょうど昔の鏡と同じ丸い形をしているのでこの名がついたとも言われています。作物の中で一番大切なお米で餅をつき、海の幸、山の幸、ゆずりはや橙を飾り付けます。ゆずりはは新葉が成長した頃に古葉が落ちるので「あとをゆずる」と言われ家系が絶えない象徴として、橙は実が落ちにくく世代の違う実が同じ木に残るところから、家が代々繁栄するという象徴として、それぞれ願いが込められています。

他にもお屠蘇の飾りや、おせち料理の意味、祝い箸やお年玉袋など、知ってみればなかなか面白いのがお正月のしきたりです。

正月飾りの飾る日、片付け方(片付ける日や処分の方法)について

幸福を運ぶ神様を迎え入れ、新年を気持ちよくスタートするための正月飾り。
古くから日本で受け継がれてきた、大切な習慣ですよね。新年を迎えるために欠かせないお正月飾りですが、実は、“飾ってよい時期”が決まっていることをご存知でしょうか?飾る日を間違えたり、片付けをし忘れて飾ったままにしたりすることは、神様に対して失礼にあたります。
正月飾りは、正しい作法を知って、良い年を迎えましょう!

正月飾りは、「12月28日まで」に飾るのがマナー
日本では、12月13日を“正月事始め”とされています。そのため、12月13日を過ぎたら、お正月の準備をしてもOKなのです。
ただ、12月は何かとイベントが多い時期。25日にはクリスマスも控えているので、25日までは正月飾りを飾るのには、少し早い気もしますよね。
なので、クリスマスを終えた、12月26日~12月28日までの3日間のうちに、正月飾りの飾りつけをしておきましょう!
年末の飾り付けをおすすめしない理由
28日までに正月飾りの準備を済ませた方が良いのには、いくつか理由があります。それは、日にちの頃が悪いことが関係しているからです。
「29日」は、死苦を連想させ、二重苦の意味があります。「31日」は、葬儀の一夜飾りと同じで、神様にも失礼にあたるため、避けた方が無難です。
29日と31日を避けて飾りつけをするとなると、28日か30日のいずれかになります。28日は、クリスマスからお正月の準備へと切り替えられる最適な時期です。数字の“八”は、末広がりで縁起も良いです。
30日だと年越しの準備で忙しくなる人も多いので、できれば28日にお正月の準備を済ませておくと良いでしょう。
正月飾りを飾るのは、「1月7日まで」
正月飾りを飾り付ける期間は、地方によって違いがあります。
ですが、一般的には、七草粥を食べる1月7日まで飾られることが多いです。
日本では、正月飾りを飾る期間を“松の内”と呼びます。この松の内の終えたお祝いとして、草粥を食べる風習があるため、1月7日に片付けることが風習となっているのです。

外した正月飾りは、「どんと祭」で処分する

役目を終えた正月飾りは、基本的に毎年新しいものを用意します。
必ずではありませんが、年に一度神様を迎え入れるための飾りは、キレイなものを用意することが好ましいです。
そのため、正月飾りの使いまわしはNG。 取り外した正月飾りは、毎年1月15日に行われる「どんと祭」で焼いて処分します。日程が合わずどんと祭に行けない方は、神社へ持っていき処分してもらうのもアリです。 正月飾りには神様が宿ると言われているので、そのままゴミとして捨てることは避け、適切な方法で処分しましょう。

正月飾りは、我が家に幸福の神様を迎え入れるために欠かせないものです。飾る日や期間、処分方法にも注意して、今年1年の幸せを願いましょう!

その他のお正月のプレゼントに関するお役立ちコラム