スタンド花を長く楽しめるお手入れ法

  1. イイハナ・ドットコム
  2. 法人向けギフト
  3. 法人ギフトコラム
  4. スタンド花を長く楽しめるお手入れ法

開店祝いや開院祝い、開業祝いなどビジネスシーンで贈答されることが多い胡蝶蘭ですが、ちょっとしたお手入れをするだけでその美しさを長く保つことができます。
せっかくいただいたお花、好意を無駄にしないようにできれば長く鑑賞したいもの。最適な置き場所や水の上げ方、季節によって変わるお手入れ法のポイントについてご紹介します。

スタンド花を頂戴したら

蝶のような花姿

スタンド花は基本的には業者が設置し、撤去もしてくれます(そうでない業者もあるので頂いたときに確認しておくと良いでしょう)。
面倒なお手入れはほぼ不要ですが、ちょっとしたケアーで美しさは長持ちします。このような注意点を見ていきましょう。
ただし、頂戴したタイミングから数日間がお花のベストコンディション。先ずは記念写真を撮っておきましょう。その写真は、送ってくださった方へのお礼にも利用できます。

スタンド花の水やりについて

スタンド花は輸送の関係上、余計な水をやっていないケースもあります。スタンド花が届いたら、お花を固定している吸水スポンジに、水を少し足しておくと良いでしょう。
お花は前面にボリュームを持たせていることが多いので、水足しはスタンドの裏の方からの方がやりやすいでしょう。
夏場はできれば冷水を毎日少しずつ上げてください。冬場は2、3日おきでも結構です。しかし、お花のボリュームやスタンド花の置き場の環境によっては、多少調整が必要です。

スタンド花を飾る場所はどこがおすすめ?

スタンド花の目的はお祝いであり、高い宣伝効果があるものです。花を長持ちさせる為に飾る場所を選ぶというのは本末転倒というもの。
新装開店のお店の前や、多くの人たちが通り、記念撮影をするようなライブ会場の廊下、等、場所にこだわる必要はありません。
しかし、もし場所を選ぶ余裕があるのであれば、直射日光の当たらないところが良いでしょう。鉢植えのお花と違って、スタンド花は強烈な太陽光は喜びません。
室内の明るいところの方が望ましいのです。また、エアコンの風が直接当たるような乾燥しやすい場所は避けてあげてください。

メンテナンスはどうしたらいい?

スタンド花は豪華に見せる演出上、お花を密に飾っています。
そのため、お花の奥の方が蒸れやすく、カビが生えることもあります。特に梅雨時から夏場はそのような花がないか、チェックしてください。
カビたり咲き終わったお花、枯れた葉などは適宜摘んでください。そのままにしておくと、見た目が悪いだけでなく、雑菌が発生して匂いがしたり、他のお花へに悪影響をあたえてしまいます。

お花を摘む回数が増えてきたら、スタンド花の元々の美しいデザインが崩れてきます。 スタンド花が飾られて一定期間が経過し、お披露目や宣伝効果の目的がだいたい果たされた頃合いであれば、いっそのこと美しいお花を抜いて、いくつかの花束にし直し、お客様やお店のスタッフ、関係者へプレゼントするのもいいですね。

スタンド花は輸送の関係上、余計な水をやっていないケースもあります。スタンド花が届いたら、お花を固定している吸水スポンジに、水を少し足しておくと良いでしょう。 お花は前面にボリュームを持たせていることが多いので、水足しはスタンドの裏の方からの方がやりやすいでしょう。 夏場はできれば冷水を毎日少しずつ上げてください。冬場は2、3日おきでも結構です。しかし、お花のボリュームやスタンド花の置き場の環境によっては、多少調整が必要です。

その他のビジネス向けスタンド花ギフトのコラム