チューリップの種類

  1. イイハナ・ドットコム
  2. チューリップ特集
  3. チューリップの種類

チューリップには色々な咲き方があり、咲き方によって綺麗に見せるコツが違います。咲き方の特徴や綺麗に見せる植え方のコツをお教えしましょう!

一重咲きタイプ

年末の風物詩、お正月の由来について

チューリップといえばやっぱり一重咲きタイプ!子どもから大人まで、みんなが想像する一般的な形のチューリップです。一重咲きタイプのチューリップは、葉の中心からスラリと伸びた茎に比較的大きな花を咲かせます。チューリップの名所で知られる公園やテーマパークでは、ほとんどが一重咲きタイプのチューリップが植えられていて、赤やピンクの花が見渡す限り咲いた姿は圧巻です。

一重咲きタイプの中には、花びらの先端がシャープで反り返るように咲く"ユリ咲き"や、花びらの先端がフリルのような形をした"フリンジ咲き"、まるで刷毛で絵具をサッと塗ったような柄の"レンブラント咲き"など、様々な咲き方があります。

花壇やプランターに植える時には、違う咲き方で多色を選んで一緒に植えると華やかに見え、咲くタイミングがずれるので長く花を楽しめます。

【おすすめ品種】
・レッド/メリークリスマス
・ピンク/クリスマスドリーム
・イエロー/サニープリンセス
・オレンジ/バレリーナ
・パープル/パープルプリンセス
・ホワイト/ホワイトマーベル

八重咲きタイプ

八重咲きタイプは花びらの枚数が多く、花びら同士が重なり合うように咲くので、一重咲きタイプに比べて一輪でも豪華に見えます。満開に咲いた姿よりも微かに開いた姿の方が美しく見えるので、一日中日が当たる場所ではなく、東向きなどの一時的に日が当たる場所で育てましょう。
また、日中に気温が高くなる室内の窓辺などに置くと、花びらが全開になり、だらしなく見えます。涼しい場所に置いて、綺麗な姿を長く楽しみましょう。

花壇やプランターに植える時には、多色を混ぜるより、一色で数多くの球根を植えた方がまとまりが出て、より豪華さが強調されます。

【おすすめ品種】
・レッド/アバ
・ピンク/アンジェリケ
・イエロー/モンテカルロ
・オレンジ/オレンジプリンセス
・パープル/ブルーダイヤモンド
・ホワイト/スノークリスタル

枝咲きタイプ

枝咲きタイプのチューリップは、1つの茎に小ぶりの花をたくさん咲かせ、順番に咲いてくるので長く花が楽しめます。最近では豪華に見える八重咲きタイプの品種や、カラフルな複色咲きの品種、甘い香りのする品種などの球根も販売されています。1球からたくさんの花が咲くので、ベランダなどの限られたスペースでチューリップを楽しみたい方にはおすすめです。

一重咲きタイプや八重咲きタイプに比べて花が小さきので、チューリップだけではなく、ムスカリやアネモネ、ラナンキュラスなど他の球根と組み合わせたり、ビオラやサクラソウなどの草花と一緒に植え付けると、寄せ植えが引き立ちます。

【おすすめ品種】
・レッド/ルーレット
・ピンク/マデロン
・イエロー/アントワネット
・オレンジ/モンテオレンジ
・パープル/マリオラ
・複色/トリコレット
・香り/キャンディキッシーズ

その他チューリップに関するお役立ちコラム