桜・梅・桃の開花時期と見分け方

  1. イイハナ・ドットコム
  2. 桜桃梅特集
  3. 桜・梅・桃の開花時期と見分け方

『桜・梅・桃の開花時期と見分け方』について
多くの方に愛されている桜・梅・桃。季節をあらわす花として代表的ですが、知っているようで知らないことが多いのでは??お花見の時に話せる豆知識をご紹介します。

桜・梅・桃の開花時期って?

桜・梅・桃の開花時期って?

日本の季節をあらわす花として全国で愛されている桜、梅、桃。
ここ数年は、寒暖差や気候変動で咲く時期がまちまちになりがちで、どの花がいつ頃楽しめるのか本来の季節を見失っている方も多いのではないでしょうか。
また、それぞれの花は共通点もあるため「写真で見ると違いが分からない」と密かに焦ることもあるかもしれません。桜、梅、桃は数ヶ月をかけて日本列島を北上しながら開花していきます。
それぞれの花の見分け方や似ている花について見ていきましょう。


桜の開花時期
桜の開花時期は3月中旬〜5月上旬です。例年もっとも早く開花するのは沖縄などの気候が温暖な地域で、春が遅れてやってくる北海道はもっとも遅く桜が開花します。

桃の開花時期
桃の花も、桜とおおむね同様で開花時期は3月中旬〜4月下旬です。桃から桜の順番で開花することが多いものの、寒暖差や地域差によってはほぼ開花時期が重なることもあります。

梅の開花時期
梅は1月下旬〜4月下旬にかけてが開花時期ですが、品種によっては12月なかば、冬至の頃に花開くことも。3種類の花の中では、もっとも早く咲く「早春」の花です。

桜、梅、桃の見分け方

意外と知らないそれぞれの見分け方。桃だと思って育てていたけど、じつは梅だったと言う話も…。
桜、梅、桃はいずれも可憐な花ですが、花弁のかたち、幹の質感、葉のつく時期にそれぞれ違いがあります。改めて育てている木を確認してみましょう!

桜の花びらの特徴って?

桜の花びらの特徴って?

桜は、品種によってその程度に差はあるものの、花弁の先が二股に分かれているのが特徴です。先端に切れ込みが入っていて、シャープなハート型をしています。
幹肌は赤茶色でイボのようなゴツゴツとした横縞模様になっていて、その模様の美しさと丈夫さを活かした工芸品も数多く作られています。
また、桜の幹にはたくさんの穴が空いていて、梅や桃に比べると軽い音がします。葉は花が咲き終わった頃から初夏にかけて茂ります。

梅の花弁は丸い

梅の花弁は丸い

梅は品種によって若干個性はあるものの、その多くが丸い花びらをつけます。イラストなどでもぽんぽんと丸く円を描いたような意匠を見る機会があるかもしれません。
幹肌は黒ずんでいて比較的ざらついており、葉は花が咲き終わってから出てきます。

桃の区別は一番難しい

桃の区別は一番難しい

桃は、その花の色から桜や梅と間違われやすいですが、花弁の先がとがっているのが特徴です。
他の花との大きな違いには、花と葉が同時に咲くという点も挙げられます。幹肌は白っぽく、指で幹をなでるとツルツルしていて、斑点模様があります。
若い枝だと同じような色や形をしていて見分けづらいので、太い幹で確認すると良いでしょう。

見分け方、もっと教えます!

また、花がついている緑色の軸の長さによっても見分けることができます。桜の花は緑色の軸が長く、下を向くように咲きます。
梅の花は緑色の軸が無く、茶色い枝にへばりつくように咲きます。桃の花は緑色の軸が短く、同じ付け根から2輪花が咲くので、上や下など様々な方向を向いて咲きます。パッと見、梅と桃は見分けづらいですが、梅は同じ付け根から1輪の花しか咲かないので、桃の方が華やかに見えます。

桜と梅と桃の見分け方がわかりましたか?それぞれ育て方も違うので、肥料や剪定をしていてもなぜか花が咲かない…。と思ったら、育て方も確認してみましょう!

桜、桃、梅と似ている花、杏

桜、桃、梅と似ている花、杏

桜、桃、梅(特に梅)と似ている花に、杏があります。丸い花びらが梅とよく似ていて、開花時期も3月〜4月とされています。杏は樹皮に縦方向の模様があるので、それが見分ける目印になります。





日本の美しさを早春から楽しもう
今回ご紹介した桜、桃、梅の開花時期はあくまで目安。品種や近年の気候変動によって大きくずれることもあります。特に梅は品種が500種以上あるといわれており、代表的な紅梅、白梅だけでも1ヶ月程度開花時期が異なるものがあります。
いずれも日本の美しさを堪能できる花なので、違いを知って開花を楽しく待ちたいですね。

その他の桜桃梅に関するお役立ちコラム