敬老の日のプレゼントの相場とは?

  1. イイハナ・ドットコム
  2. 敬老の日プレゼント・ギフト特集2021
  3. 敬老の日のプレゼントの相場

毎年9月の第三日曜日は、「敬老の日」です。
いつもお世話になっているおじいちゃんおばあちゃんへ、感謝の気持ちを伝える人も少なくないかと思います。
言葉やメッセージだけでも喜んでもらえると思いますが、素敵なプレゼントを添えてお祝いすれば、より一層喜んでもらえるはずです。
そんな1年に一度しかない敬老の日。喜ばれるプレゼントを贈りたいけれど、いくらくらいのものを用意すべきか迷う人も少なくないでしょう。
そこで今回は、敬老の日のプレゼント相場はいくらくらいなのか、詳しくご紹介いたします。

敬老の日プレゼント相場は、「3,000円~1万円」

敬老の日プレゼント相場は、「3,000円~1万円」

結論から言うと、敬老の日のプレゼントを選ぶときは、3,000円~5,000円が一番多いです。
少し奮発する人なら、1万円くらいのものを用意することも!
敬老の日のプレゼントは、「どんなものを贈るか」によってもかなり値段が違ってきます。
たとえば、スイーツ好きのおばあちゃんに焼き菓子を贈るのと、お酒好きのおじいちゃんに高級な日本酒を贈るのとでは金額に差があるのも当然です。

予算がかけられないときは、リクエストを聞かない方が良い

敬老の日だけでなく、母の日や父の日にも言えることですが…。
プレゼント代にかけられる予算があまりないときは、プレゼント選びに迷っても「欲しいもの」を聞かない方が無難でしょう。
なぜなら、マッサージチェアや温泉旅行など、予算的に用意するのが難しい答えが返ってくる可能性があるからです!
何が欲しいのか会話のなかでリサーチし、自分のなかで「ここまでなら用意できる」予算の範囲内で、素敵なプレゼントを探しましょう。

予算は家計と相談!手紙・メッセージを添えて、低予算でも喜ばれる贈り物を!

一般的には、3,000円~5,000円程度から敬老の日のプレゼントを選ぶ人が多いですが、なかには家計状況などで3,000円も予算が組めない場合もあるでしょう。
子育て中で教育費にお金がかかったり、何かと出費がかさむ時期であったりすると、高価な贈り物を用意するのは難しいものです。
また、母の日や父の日と違い、敬老の日は贈る人数が多い場合も!
両親ともに健在なら、母方・父方の祖父母合わせて4人分のプレゼントを用意しなければなりませんよね。
もし家計的に余裕のないときは、無理をしてまで値の張るものを用意しなくても大丈夫です。
3,000円~5,000円以下でも、お菓子やお花、お酒など、高見えする素敵な贈り物はたくさんあります。
おじいちゃん、おばあちゃんが好みそうなプレゼントを選び、手紙やメッセージカードを添えば、大喜びすること間違いなしのプレゼントがご用意できますよ。

敬老の日フラワーギフト一覧

その他の敬老の日に関するお役立ちコラム