誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

秋の花・ハロウィーン特集

栽培・ガーデニング用語集

自宅で楽しむ家庭菜園

栽培・ガーデニング用語集

ガーデニング用語や植物に関する言葉は専門用語も多く、初心者には理解が難しいことも多々あります。
聞いたことのない用語に戸惑ったら、この用語集をチェック

  • 育て方について
  • 植物について
  • 土・肥料・その他

知りたい用語の行を選択してください。

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ

あ行

  • 赤玉土(あかだまつち)

    関東ローム層の赤土をふるい、粒子を揃えたもの。
    肥料分は含まないが、水はけ・保水性が良い。
  • 油かす(あぶらかす)
    油かすを原料とした有機質肥料のこと。
  • アルカリ性用土(あるかりせいようど)
    土の化学的な性質で、土壌酸度ph7.0以上の土。
  • 液肥(えきひ)
    液体肥料のこと。
か行
  • 化成肥料(かせいひりょう)
    化学的に合成された肥料。
  • 鹿沼土(かぬまつち)
    栃木県鹿沼地方で産出される、粒状の軽い土のこと。水はけ・保水性が良い。
  • カリウム(かりうむ)
    物に必要不可欠な3大要素のひとつ。
  • 緩効性肥料(かんこうせいひりょう)
    施肥後ゆっくりと効果が現れ、持続するタイプの肥料。
  • 希釈倍率(きしゃくばいりつ)
    農薬・液肥などを規定の濃度に薄めるための倍率。
  • 牛糞堆肥(ぎゅうふんたいひ)
    改良用土のひとつで、牛糞とモミガラなどを混ぜて発酵熟成させたもの。
  • 苦土石灰(くどせっかい)
    酸性の土を中和させるための改良剤。植付けの一週間前までにまく。
  • 鶏糞(けいふん)
    ニワトリの糞を乾燥させたもので、チッ素、リン酸、カリを含む有機質肥料。
  • 骨粉(こっぷん)
    骨を粉状に砕いたもので、緩効性のリン酸有機質肥料。
さ行
  • 酸性用土(さんせいようど)

    土の化学的な性質で、土壌酸度ph7.0未満の土。
  • 三大要素(さんだいようそ)
    肥料成分のうち、とくに植物に必要とされる窒素・燐酸・加里をいう。
  • 酸度調整(さんどちょうせい)
    土壌の酸度を調整すること。
  • ジュラストーン(じゅらすとーん)
    ガーデン資材で、石灰岩の一種。
  • 蒸散(じょうさん)
    植物体内の水分が水蒸気になり、空気中に放散される現象。
  • 石灰(せっかい)
    酸化カルシウムのこと。
た行
  • 堆肥(たいひ)
    藁・落葉・野菜くずなどを腐熟させた肥料。
  • 単肥(たんぴ)
    三大要素のうち、一成分のみの肥料のこと。
  • 窒素(ちっそ)
    植物に必要不可欠な3大要素の一つ。
  • 展着剤(てんちゃくざい)
    粉末の薬剤を水に溶かす時に加える補助剤。
  • 天然肥料(てんねんひりょう)
    自然のもので作られた肥料。
な行
  • 根腐れ(ねぐされ)
    過度な水やりや施肥、通気性の悪さなどにより、根が腐ること。
  • 根詰まり(ねづまり)

    鉢植えなどで植物の根が鉢内いっぱいになり、栄養分や水分の吸収がうまくいかなくなる状態。
  • 濃度障害(のうどしょうがい)
    薬剤や肥料の濃度が高すぎるために、葉が黄変したり枯れたりすること。
は行
  • バーミキュライト(ばーみきゅらいと)
    蛭石(黒雲母が風化したもの)を高熱処理して、膨張させた人工用土。
  • パーライト(ぱーらいと)

    真珠岩を高熱処理して膨張させた人工用土のこと。
  • 配合肥料(はいごうひりょう)
    単肥を混ぜ合わせた肥料。
  • 培養土(ばいようど)
    基本用土・改良用土・酸度調整などが最初からブレンドされて市販されている土。
  • 鉢底石(はちぞこいし)
    用土を入れる前に鉢の底部に敷く軽い石。
  • 発根促進剤(はっこんそくしんざい)
    挿し木・挿し芽の際に、発根を促進させる一種のホルモン剤。
  • ピートモス(ぴーともす)
    ミズゴケ・シダなどが堆積し、泥炭化したもの。ベースの土に配合して用いる。
  • 覆土(ふくど)
    種をまいた上にかける土。
  • 腐葉土(ふようど)
    主に広葉樹の落ち葉を腐蝕させたもの。
  • 防腐剤(ぼうふざい)

    樹木の太い枝を剪定した切り口に、腐敗菌の侵入を防ぐために塗る薬剤。保護剤。
ま行
  • 木酢液(もくさくえき)
    木炭を作る時に出る煙から精製する液体。
や行
  • 薬剤抵抗性(やくざいていこうせい)

    虫や病気などのうち、薬剤に対する抵抗性のある系統だけ残り、その薬剤により駆除できない状態になること。
  • 有機質肥料(ゆうきしつひりょう)
    油かす、魚かす、骨粉、鶏ふん、堆肥など、一般に動植物を原料として作られた肥料。
  • 癒合剤(ゆごうざい)
    枝の切口に塗り、切り口を早く癒合させる薬剤。
ら行
  • 燐酸(りんさん)
    植物に必要不可欠な3大要素の一つ。
わ行
  • 矮化剤(わいかざい)
    植物の草丈を低く抑えるために用いる薬剤。