誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

クリスマス特集

クリスマスの花

クリスマスギフト特集

クリスマスの花

イイハナ・ドットコムの『クリスマスの花 』では、クリスマスを彩る素敵な花たちを紹介します。
贈って、飾って、素敵な気分をもりあげましょう。

クリスマスカラー
赤(キリストの血、情熱と愛)、緑(常緑樹の葉の色、生命力)、白(純潔、潔白)が一般的です。
他に光をイメージできるゴールド、シルバーなども最近は人気です。
お花やアレンジメント選びのアクセントとして参考にしてみてはいかがですか。
クリスマスプレゼント・ギフト特集2016

ポインセチア

鮮やかな赤と緑のクリスマスカラーで大人気のポインセチア。
意外にもメキシコ産で寒さに弱い花だそうです。花に見える赤い部分は実は苞葉で花は中の黄色い部分です。
寒さと水のやりすぎに気をつけ、充分に日光に当てるといいようです。

ポインセチアのイメージ画像

クリスマスローズ

「ローズ」といってもバラ科の花ではなくキンポウゲ科の花で、冬にバラのように高貴に咲き誇るイメージからこの名がついたようです。12月頃から花屋さんに並び始め、園芸好きの人たちに人気上昇中です。
クリスマスローズの逸話でその昔、キリスト誕生の日、羊番の少女が星に導かれ、生まれたばかりのキリストと馬小屋で対面したのですが、お祝いの品がないと悲しんでいると、突然、天使が現れて一面に純白の花を咲かせたのです!少女は喜んで花を摘み、キリスト生誕を祝福したのです。そして、まさにその純白の花こそクリスマスローズといわれています。

クリスマスローズのイメージ画像

モミの木

モミの木がよく使用されるようになったのは、舞台で「知恵の木」としてりんごの木の代用として常緑樹のモミの木が禁断の木の実を飾るために使用されたことがきっかけとされています。ヨーロッパや北米では様々なモミの木の種類がありますが、日本では主にモミ、トドマツやオウシュウトウヒが使用されることが多いようです。現在使われるモミの木はアメリカのオレゴン州での栽培がメインとなっているようです。

モミの木のイメージ画像

ひいらぎ

冬に花を咲かせることから「柊」と書きます。花は白くかぐわしい芳香があります。
クリスマスにはその赤い実がキリストが十字架にかけられた時流れた血の色を表し、棘のある葉がキリストに被せられたイバラの冠を表しているということで実の付いた枝先が飾りによく使われています。

ひいらぎのイメージ画像

コキア、ゴールドクレスト

花ではありませんが、そのツリーにも似たクリスマスらしい形で人気が高く、前者はアレンジメントや後者はプランターなどに植えて軽く小さなオーナメントをつけてクリスマス時期の玄関周りを飾るのによく使われています。

コキア、ゴールドクレストのイメージ画像

クリスマスギフト人気ランキング

クリスマス特集 Pick upアイテム

前へ

次へ

クリスマスのプレゼントに関するお役立ちコラム

クリスマスギフト・プレゼント特集

クリスマスギフト・プレゼント特集

PAGE TOP