誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコ

イイハナ・ドットコ

クリスマス特集

ペットの供養

故人を偲ぶお盆のお花

ペットの供養

現代では、ペットは家族であり大切なパートナーと考える方が増えています。そのため、ペットを亡くした時の悲しみは計り知れません。ここではペットの供養について考えてみましょう。

故人を偲ぶお盆のお花

ペットの供養

現代では、ペットは家族であり大切なパートナーと考える方が増えています。そのため、ペットを亡くした時の悲しみは計り知れません。
ペットも命果てても尚、もっと愛されたい、忘れないで欲しいと望んでいることでしょう。 そんな大切な家族にあなたがしてあげられることは、「ありがとう」という気持ちを精一杯伝える(心を込めて供養する)ことです。天国へ旅立つときには、少しでも寂しさが紛れるよう、たくさんの生花を添えて見送ってあげたいですね。
ペットも人間と同様、本質的には同じ命ですので、きちんと供養すれば極楽に行き、成仏すると言われています。
私たちは、ペットと出会いによって、大きなやすらぎと心の豊かさ得ることができました。生前の感謝の気持ちを忘れずに、供養で最も大切な「ありがとう」の気持ちを伝えることで、天国のペットたちもきっと喜んでくれることでしょう。

ペットの供養には、さまざまな方法があります。自宅で供養する、お墓を立てる、合同墓地で供養など。供養の仕方は、飼い主の考え方、宗教によっても違ってきますが、ペットには宗教はないため、決まった供養の方法はありません。 そのため、ご家族で話し合われて決められることが多いようです。いつも近くに感じ、愛する者を身近に感じ偲ぶことができるのが、現代の供養ともいえます。
また、お友達のペットが亡くなられた時、お供えするお花は、亡くなったペットへ贈ると共に、残された飼い主の方へ贈る内容でもあるため、お悔やみの花としては、寂しくなく優しげな印象の方が、気持ちの安らぎに繋がるかもしれません。

お盆のお花Pick upアイテム

前へ

次へ

お盆に関するお役立ちコラ