誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコ

クリスマス特集

お盆の歴史

故人を偲ぶお盆のお花

歴史

イイハナ・ドットコ の『お盆の歴史』では、日本の古くからの行事の1つであるお盆の歴史を学びましょう!お盆には時代によってさまざまな風習や変化がありました。

故人を偲ぶお盆のお花

お盆の歴史

お盆の由来にもありますが、お盆はもともとお釈迦様の教えとその弟子の母親を救う話から始まったお盆の行事ですが、日本では推古天皇の14年(西暦606年)に、はじめてお盆の行事が行われたと伝えられています。推古天皇(西暦606年)十四年七月十五日斎会を設けたのが初めてとされ、斎明天皇(657年)三年七月十五日に飛鳥寺で盂蘭盆会が催されたとあります。
江戸時代以前のお盆行事は武家、貴族、僧侶、宮廷の上層階級で主に催されていました。お盆の行事が一般庶民に広まったのは江戸時代。江戸時代に入ると庶民の間にも仏壇やお盆行事が普及し、仏壇や提灯などに必要なローソク(従来は油)が大量生産によって一般庶民にも安価に入手できるようになってからお盆が広まりました。

また、江戸の時代にはお正月とお盆には奉公人が休みをとって実家に帰ることが許されていた時期で、これを「藪入り(やぶいり)」と言いました。当時は、職人や商人などになるために、13・14歳頃から師 や商家を選んで丁稚奉公にでていました。そうした奉公人たちには、ほとんど休みがありませんでした。そのためお盆やお正月など実家に帰ることが出来た「藪入り」を楽しみにしていたようです。 そこからお盆には嫁い 娘が実家に帰って休息をとる習慣があります。現在ではほとんど言われることがなくなりましたが、こちらも「藪入り」と言っていました。
日本各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、一般的に先祖の霊が帰ってくると考えられています。

お盆のお花Pick upアイテム

前へ

次へ

お盆に関するお役立ちコラ