誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

クリスマス特集

梅(うめ)の花言葉は?梅はいつの誕生花?

梅(うめ)の花言葉

梅の花といえば、春の訪れをつげる花木。梅は、紅・白と花の色によって花言葉が異なります。一方、「松竹梅」とめでたいお花とされていますが、松や竹と比べると、価値が下?のようなイメージがあります。しかし、実はもともと「松竹梅」には優劣がなく、梅も松や竹と同じくらい縁起がよいお花とされてきました。

桜桃梅特集

梅(うめ)全般の花言葉

桃の花全般の花言葉は、「上品」「高潔」「忍耐」「忠実」です。由来は、梅の花の最盛期が2月とまだ寒さが厳しい時期のため、寒風が吹く中、凛と咲きほこる梅の姿からつけられました。また、「忍耐」もその情景から由来しています。2月は地域によっては雪が降る季節。関東でも寒の戻りがあります。その中でも鮮やかな花をつける梅に、ぴったりの花言葉ですね。
また、「忠実」の花言葉は、平安時代の貴族・菅原道真に由来しています。学問の神様とされる菅原道真は、その才を疎まれ、九州の太宰府に左遷されます。この時、道真の元へ大切に育ててきた梅の木が飛んできたという伝説が残されています。これにちなんで、「忠実」という花言葉がつけられました。
西洋では、「Keep your promise(約束を守る)」「fidelity(忠実)」「beauty and longevity(美と長寿)」の花言葉があります。

紅梅の花言葉

赤、ピンク色の花をつける「紅梅」の花言葉は、「あでやかさ」です。紅花の美しく、華やかな姿からつけられました。紅花は、平安時代の女流作家・清少納言が愛した花とされ、随筆・枕草子には「木の花はこきもうすきも紅梅」という句が残されています。

白梅の花言葉

白色の花をつける「白梅」の花言葉は、「気品」です。紅花と比べ、その凛とした姿からつけられたとされています。また、白花の幹の断面は、紅花よりも白く、その美しさからも連想されます。

松竹梅でいうと「梅」は一番した?

松、竹、梅は「歳寒の三友(さいかんのさんゆう)」と呼ばれ、寒さに耐える植物とされてきました。松竹梅は、宋代より始まった中国の文人画で好まれる画題のひとつです。日本では「松竹梅」と言えば、おめでたいものとして慶事などに使われます。松・竹・梅の順番ですが、日本ではまず平安時代に常緑樹の松が不老長寿を思わせるおめでたいものとされ、その後室町時代に、節目にそって真っ直ぐ伸びる竹が縁起のいいものとされました。 さらに江戸時代になると、冬に花を咲かす梅が新春を彩るめでたい花として定着しました。つまり、縁起のいいおめでたいものとして、その時系列が「松竹梅」となったため、本来の意味ではこの3つに序列はありません。なぜ、松竹梅が序列を表す言葉になったかというと、その昔、寿司屋で一般的だった「特上・上・並」の料金設定がきっかけです。一番安い「並」を注文するのは格好が悪い、また一番高い「特上」を頼むのも見栄を張っているようで気が引ける…ということが当時あったそうです。そこで、お客が注文しやすいように3等級を「松・竹・梅」に置き換えるようになったことが、序列を示す「松竹梅」の始まりだそうです。鰻屋ではそこを逆手にとり、梅を最上ランクにして、特上を頼みやすくお店もあります。いずれにしても、松竹梅の本来も意味に優劣はなく、おめでたい花に変わりはありません。

梅(うめ)は何月何日の誕生花?

花の色によって、誕生花の日付が異なります。花色によって開花時期がずれるため、1月と2月の誕生花されていますので、この時期の誕生花としては最適でしょう。
【梅の誕生花・日付】
白:1/11
紅:2/2
赤:2/3