誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコ

敬老の日特集

敬老の日の赤パンツ

敬老の日ギフト・プレゼント特集2016

敬老の日の赤パンツのイメージ画像

イイハナ・ドットコ の『敬老の日の赤パンツ』では、敬老の日のプレゼントに静かなブー になっている赤パンツ。なぜ今赤パンツが贈り物として選ばれているのかをご紹介します。

敬老の日 赤パンツについて…
まもなく敬老の日。贈りものは何か考えてますか?いま、敬老の日に赤い下着(赤パンツ)を贈るのが静かなブー になっています。ネットショッピングでも敬老の日に赤パンツの人気がじわじわとあがっているそうです。
きっかけは数年前に女性の冷えから体を守るために赤い腹巻きや赤パンツが話題になった「赤パンツ健康法」。その健康効果にお年寄りがいち早く注目、おばあちゃんの原宿と異名をとる巣鴨の商店街でおみやげに赤パンツが人気に。
敬老の日プレゼント・ギフト特集2016

赤パンツの健康効果

さて赤パンツの健康効果は?東洋医学ではへその下にある『丹田(たんでん)』というツボが体内の「気」の発信地であると言われています。病は冷えから。
若い に比べて代謝が低下し、血行が悪くなったお年寄りはより冷えによる体調悪化を起こしやすく、特にお腹や腰の冷えは大きな病気につながりやすい。
「赤パンツ健康法」とは、この丹田を赤い色でを覆うことで体をあたため、自然治癒力をあげようというもの。

敬老の日の赤パンツ

なぜ赤パンツ?

なぜ赤パンツ?それは赤の心理効果。赤はひとの血の色、見るものに情熱や興奮を抱かせます。それによって気持ちが前向きになる。
アドレナリンの分泌が盛んになって血行がよくなる。
心理的体感温度があがり、暖かく感じる。
交感神経を刺激し食欲を増進させ、自律神経を活発にし、自己治癒力を高める。
男性らしい、また女性らしい性的魅力がアップする。
...このように赤パンツは歳を重ねることでなくなってくる機能にとっていいことずくめ。若くいたい人は赤パンツを身につけるべき、と言っても良さそう。

敬老の日の赤パンツ

病が去る

もうひとつ、赤パンツではありませんが、日本古来の言い伝えで、申年に贈られた肌着を身に着けると病が去る(サル)、長患いしない、下の世話にならない とうものが。
しかも、身内(子供)から贈られるものがさらに良いとされています。
敬老の日に赤パンツを贈るブー はこれらが融合したもの。
気分を高揚させる目を引く色...な けに抵抗もあるのですが、赤パンツなど見えない所なら抵抗無く身につけられるのではないでしょうか。敬老の日は赤パンツを贈りましょう。
今度の敬老の日からいいこといっぱいの赤パンツを身につけて、心身ともにはつらつ、健康で充実した日々を。

敬老の日の赤パンツ

敬老の日のプレゼントに関するお役立ちコラ

敬老の日ギフト・プレゼント特集2016

敬老の日ギフト・プレゼント特集2016

PAGE TOP