• 用途で選ぶ
  • スタイルで選ぶ
  • 価格で選ぶ
  • お花の種類で選ぶ
  • お急ぎオーダー
カートを見る
社会にいいこと千趣会のCSR

栽培ガイド
さくらんぼの木(暖地さくらんぼ)

バラ科の落葉高木です。4月に可憐なさくらの花が咲き、5月〜6月頃にキュートな実がなります。
届いたら、すぐ水をあげてください。

植込み方法

鉢植えの場合

用意していただく物

市販の花の土などの培養土約2リットル。鉢底石ふたつかみ。
1 鉢底から1cm位まで、市販の鉢底用の石を入れてください。 図解
2 市販の花の土などの培養土を3分の1程度鉢に入れてください。 図解
3 暖地さくらんぼの苗をビニールポットからはずし、根のまわりの土を、根を痛めないようにそっと少しだけほぐします。 図解
4 鉢の中心に苗を置き、あいた空間に残りの培養土をしっかり隙間なく入れてください。 図解
5 植込みが終わり次第たっぷり水を与えてください。

図解

露地植えの場合

用意していただく物

腐葉土ふたつかみ。
1 苗木を植える場所に、直径20cm、深さ20cmの植込み穴を掘ってください。 図解
2 腐葉土と掘りおこした土を少し、穴に入れスコップで混ぜ合わせます。(ここで植え込み穴の深さが15cm位になるように!) 図解
3 暖地さくらんぼの苗をビニールポットからはずし、根のまわりの土を、根を痛めないようにそっと少しだけほぐします。 図解
4 植込み穴の中心に苗を置き、あいた空間に掘り起こした土を戻します。 図解
5 植込みが終わり次第たっぷり水を与えてください。

図解

管理方法

置き場所

良く日の当たる、風通しの良いところに置いてください。

水やり

土の表面が乾燥したら、鉢底から水が流れでるまで、たっぷり与えてください。葉にも洗い流すように水を掛けてやってください。鉢植えの場合は乾きやすいので、真夏は一日に二回、その他の季節は一日に一回水やりをしてください。

肥料

固形の有機性配合肥料を春と収穫後与えます。生育期間中に葉の色が薄くなったり、黄緑色になったら液体肥料を水やりの時に与えてください。

植替え

2〜3年位したら植替えが必要になってきます。ふた回りくらい大きな鉢に 植替えてください。土は市販の花の土などの培養土を使ってください。

枝切

基本的にはしないでください。切り口から病気が入り、木が腐ってきます。どうしても必要な場合は、冬場の1月位に消毒した剪定はさみで行い、切り口をペースト状の殺菌剤や、癒着剤を塗ってください。(お届けの苗木は先端を切ってありますが、苗木の段階での剪定は問題ないので、生育の都合上剪定してあります。)

収穫

実が色づいて、はちきれんばかりに膨らんできたら収穫です。生のままでも食べれますが、果実酒にしたり、ジャムを作ったりと色々楽しんでみてください。

さくらんぼの木(暖地さくらんぼ)購入ページへ

育て方相談コーナーへ戻る