お供え、お悔やみの供花ならイイハナ・ドットコ

香典袋の名前の書き方・金額の書き方

お供え、お悔やみの供花特集

香典袋の名前の書き方・金額の書き方

香典袋に名前を書く際の注意とは。個人名を書くとき、夫の代理で会葬するとき、2人の連盟にするとき、仲間内で香典をだすときの香典袋の書き方を紹介。香典の金額は漢数字で中袋の中央に書きます。壱・弐・参・伍・拾などと書きます。

お供え、お悔やみの供花特集

名前の書き方

差出人の名前は香典袋の水引きの下に書きます。個人で香典を出すときには、香典袋の中央にフルネー で書きます。
代理で会葬する場合には、名前の左下に名前より小さい文字で「内」と書きましょう。夫婦で香典を出すときには、一般的には夫の名前を書きますが、夫婦で親しい関係だった 合には、中央に夫の名前を書いて左に妻の「名」を書き添えます。

2人で香典を出す 合には中央に2人の名前を書き、3人の場合には中央に1人の名前を書いて、残りの2人を左右両側に書きましょう。
役職や上下関係がある場合には、 の高い人から順に右側から書きます。

会社名義で香典を出す 合には中央に社長や代表者名を書いて、名前の右側に沿わせて会社名を書きます。
上司の代理として会葬する場合には、上司の名前の左下に名前より小さい文字で「代」と書きましょう。会社名義で香典をだす 合でも、会社名だけを書くことはありません。

部署や仲間内で香典を出す 合には中央に「○○一同」と書いて、別紙に全員の名前を書いて中袋に入れましょう。
別紙には金額や連絡先を書き添えておくと、お礼状やお返しをするときの遺族への配慮になります。

金額の書き方

香典の金額は中袋の表側の中央に漢数字で書きます。「一→壱」「二→弐」「三→参」「五→伍」「十→拾」などと書きましょう。
「七」と「八」はそのまま「七」と「八」に、「四」と「九」は「死」と「苦」を連想する数字だから避けましょう。

お供え、お悔やみのお花Pick upアイテム

前へ

次へ

お供え、お悔やみに関するお役立ちコラ