お供え、お悔やみの供花ならイイハナ・ドットコ

通夜・告別式・葬儀の服装選び

お供え、お悔やみの供花特集

通夜・告別式・葬儀の服装選び

仮通夜、通夜、告別式、葬儀などで着用する喪服選びのポイントを紹介。仮通夜は地味目の普段着が良く、通夜は黒い喪服を着るのが一般的。
ただし、訃 を聞いて会社の帰りに急きょ参列する場合には、最低限の身 しなみが大切です。子どもの喪服選びやコート、マフラーなどの選び方も紹介。

お供え、お悔やみの供花特集

喪服の正式型、略式型って?

お通夜や告別式に着用する服と言えば喪服です。喪服とは「遺族が喪に服している」ことを意味するもので、正式型のと略式型があります。
正式型は男性の和装では黒の着物に黒またはグレーの袴、洋装では黒のモーニングコートにグレーストライプのズボンを合わせることで、通夜や告別式で親族が着用します。
略式型は黒いスーツや黒いワンピースのことで、親族以外が会葬する際に故人を偲ぶための正装として着用します。最近では親族もブラックスーツを着用するのが一般的となっています。
仮通夜や通夜、告別式などで会葬する際の服装選びのポイントをご紹介しますので参考にしてみてくださいね

仮通夜の服装

訃 を聞いて駆けつける仮通夜では、喪服を着ると亡くなることを予期していたと思われてしまうこともあるので、普段着で地味目のものを着用しましょう。

通夜(一般的)の服装について

通夜は訃 を聞いて、近親者や親しい人が駆けつけると言う意味合いがあり、地味目の服装であれば黒い服を着用しなくても良いとされています。
しかし最近では、通夜に参列しても告別式には参列しない人が多く、喪服を着用するのが一般的とされています。男性は一般的には略式型のブラックスーツやブラックフォーマルを着用します。
黒いスーツがない 合には濃紺やダークグレーでも問題ありません。白いワイシャツに黒いネクタイ、靴下、靴を合わせましょう。靴下は黒がない 合、地味目な柄を選びましょう。女性は黒または紺やグレーなどの地味目な色のスーツやワンピースを着用しましょう。
スーツやワンピースがない 合には黒無地のブラウスにスカートでも問題ありません。ストッキングは黒や肌色を、靴は黒を選びましょう。

通夜(訃 を聞いて駆けつける場合)の服装について

出張など外出先で訃 を聞いて、自宅に帰ることができない 合にはスーツでも問題ありません。た し、鮮やかな色のネクタイや、ピンクやブルーのワイシャツでは、遺族への印象が悪く失礼にあたります。
最近ではコンビニや駅中でも黒いネクタイや白いワイシャツなど販売しているところもあるので、できる限り遺族へ失礼のない服装に整えるよう心がけましょう。

告別式・葬儀の服装について

通夜と同様に男性は黒いスーツ、女性は黒いワンピースなどを着用しましょう。
ブラックスーツはダブル、シングル、三つ揃いのいづれを着用しても問題ありません。
女性の場合、夏でも肌をなるべく見せないのが原則なので、五分袖まであるものを選びましょう。

冬場の服装についての

コートやマフラー、手袋は黒または濃紺を着用します。材質は毛皮や革は生き物の死を連想させることから着用しないようにしましょう。

子どもの服装について

学生の場合には学生服を、制服がない 合には白いシャツに黒のズボンとブレザーを着用しましょう。
黒いズボンやブレザーがない 合には紺やグレーでも問題ありません。

お供え、お悔やみのお花Pick upアイテム

前へ

次へ

お供え、お悔やみに関するお役立ちコラ