お花のお手入れ | お花屋さんが教えるお花を長持ちさせるマル秘テクニック Potted 鉢植え

ARRIVAL 鉢植えが到着したら

早めにお水を与えてください。
お届けした鉢植えは、お届けの関係上、お水を最小限にしてあります。

PLACE 飾る場所

日当たりの良い場所や半日陰な場所に置きましょう。
日光の当たらない場所や冷暖房の風が直接あたる場所はお花によくありません。

夏場は風通しの良い場所に置けば、鉢土の湿度の上昇が抑えられるので、根腐れを防止できます。

直射日光は葉焼けのもと。葉の色が変色しますので充分にご注意ください。

窓辺などの日当たりの良い場所でも、植物にとっては光のエネルギーが十分とはいえません。室内でお楽しみいただく場合は、目安として1週間に数日は必ず戸外で太陽の光を十分に浴びさせてください。

EXCHANGE 植え替え

植物にもよりますが、基本的には鉢の底から根が出てきたら、一回り大きな鉢に植え替えてください。鉢の中の空気が少なくなり、根が呼吸できずに枯れてしまうことがあります。
また、長期に渡り植え替えをせずにいると、土の中の栄養分が減るので、2〜3年に1度は土を入れ替えてください。
植え替え時期は、寒い時期を避けましょう。

WATER 水やり

土の表面が乾いたら次のポイントに気を付けてお水をあげてください。

  • 季節にあわせた水やり
    夏・・・乾きが速いので、土の表面が白く乾いたらすぐにお水をあげてください。
    冬・・・表面が乾いても鉢の中心が乾くまでには時間がかかるので、2〜3日してからお水をあげてください。
  • お水は底の穴から流れ出るまでたっぷりとあげましょう。
  • 鉢皿や鉢底にたまったお水はすぐに捨てておきましょう。根腐れの原因になります。

HINT 豆知識

  • お花をたくさん咲かせるポイント
    お花が咲き終わったらこまめに花殻(咲き終ったお花)を取ること。
  • 病害虫について
    予防するのが一番ですが、発生してしまったら、捕殺または、市販の薬剤を利用しましょう。

あくまでも基本的なお手入れ方法です。植物によって多少の違いがありますので、イイハナでは、お届けの際に栽培説明書をお付けしております。